出会い系で女性にモテるプロフィールの作り方!大切なのは想像力!!

パソコンとスマホ

出会い系サイトやアプリで、メッセージを送っても返信が全く来ないという人もいると思います。

適当にアプローチの数を増やしても、無駄なポイント消費を繰り返してしまいます。

返信が来ないには理由があります。

その1つがプロフィールです。

この記事では、出会い系で”女性にモテる”プロフィールの書き方を解説していきます。

この記事を読んで他の男性と差をつけて、いい出会いをゲットしてください。

男性のプロフィールに求められている事を理解する

出会い系を利用する時に、おさえるべき重要なポイントは4つあります。

・どのサイトやアプリを使うか

・誰に送るか

・どんな文章を送るか

・自分をどう語るか

プロフィールというのはこの中の”自分をどう語るか”という部分にあたります。

顔の見えない状態で自分に興味を持ってもらうには、”自分をどう語るか”の先を見る必要があります。

自分をどう語るかそれを見た相手側がどう思うか?

という事です。順に見ていきましょう。

プロフィールの役割

まず最初にアプローチを受ける女性側の行動の流れを考えてみましょう

メールが届く⇒プロフィールの写真を見る⇒プロフィールを読む⇒メールを返信する

女性はあなたのプロフィールを最後に確認する事になります。

つまりメールの返信を後押しするような内容である事が大切になってきます。

 

高収入をアピールしたり、モテるアピールをすればいいのかな?

露骨な自慢はモテるどころか警戒されてしまいます。大切な事は相手の立場に立って考えてみる事です。

男性側もそうですが”誰でもいい”わけではありませんよね?

男性側の要望の多くは”顔が可愛かったらOK” ”スタイルが良さそうだったらOK”という容姿に関わるものが多いです。

もちろん女性側だってそういうものを求めている部分はあります。

しかし、どんなに出会い系を使い慣れていても、女性は”不安”を感じているものです。

「この人、大丈夫な人かな?」

まずはこれを解消しなければいけません。

これは男性にはあまりない感情です。

「可愛い子が来るか不安」というような”不安”はありますが、怖いというような”不安”はあまりありませんからね。

そのため、出会い系サイトを見ると”やばい人”になってしまっているプロフィールの男性が非常に多いです。

メールの返信を後押しするのに1番必要なのは安心です。

「この人なら大丈夫そう」と思ってもらえるように誠実さをアピールするのがまずは1番大切です。

順番に解説していきます。

自己PRの欄で誠実さをアピールする!

誠実さをアピールして安心してもらうためには自己PRの欄が重要になってきます。

自己PRの欄に求められる事は

・常識的なしっかりとした文章

・出会い系を利用する目的・理由を明確にする

という事がまず必要になってきます。

必要というより、必須といってもいいでしょう。

常識的なしっかりとした文章とは

例えば、出会い系でたまに見かけますが、プロフィールが絵文字だらけだと、どうでしょう?

軽く感じてしまうと思います。これが30歳を超えていたらどうですか?

”こわっ”であったり”キモっ”と女性は思うであろう事が想像できると思います。

「俺」・「僕」・「自分」の使い分けでも変わってきます。

後述しますが、プロフィールにある程度エッジを効かせる、個性を出していくというのは必要な事ではあります。

しかし「俺」はそもそも非常識です。

出会い系でよく見る例えでいうと、ファーストメールやプロフィールなんかでタメ口を使っている人がいます。

フレンドリーにいきたいのだとしても、いきなりタメ口は”ただの失礼な人”です。

常に相手目線で考える事が出会い系攻略のコツです。

出会い系を利用する目的・理由を明確にする

誠実さをアピールする為には、自分が何で出会い系を利用するのかを明らかにする必要があります。

とはいえ、正直に書けばいいという物でもありません。

「暇だったので、始めてみました」

なんていうのは0点といえます。

出会い系を利用する目的や理由という部分に限らずですが、”説明不足””言わなくてもいい事を言っている”という残念なプロフィールの男性が非常に多いです。

例えば

「出会いが欲しくて、いい出会いがあればと思い、始めてみました」

「出会いがないので、出会いのキッカケになればと始めてみました」

一見よさそうに見えるかもしれませんが、説明不足です。

そもそも、出会いがないので出会いを求めてというのは、出会い系を利用する全員が同じです。

 

では、逆に言わなくてもいい事を言っているパターンを見てみましょう。

「職場に可愛い子がいないので、いい出会いがあればと思い、始めてみました」
「職場にいいと思える人がいないので、いい出会いがあればと思い、始めてみました」
さすがに「職場に可愛い子がいないので~」なんていうと”言いすぎ”というのはわかると思うのですが、上記した「職場にいいと思える人がいない」というのも少しマイナスです。
 
これを見た女性に「この人理想が高いのかな?」と思われる可能性があるからです。
 
出会い系を利用している女性の中には自分に自信がない女性も沢山います。
 
この場合の正しい例は
「男性ばかりの職場で出会いがなく、いい出会いがあればと思い、始めてみました」

これであれば、理由も明確ですし、”職場に出会いがない”という理由は共感を呼びます。

誠実さをアピールするには、この”共感””親近感”というプラスの作用が必要になってきます。

万遍なく全ての女性にアピールする為には、まずマイナスな部分を減らさなければいけません。

細かい言葉にも気を配りましょう。

出会い系サイトおすすめ優良サイト5選!無料ポイントで会えるサイトを厳選!
気軽に出会いたい・セフレが欲しい・人妻と出会いたい時には、ナンパやマッチングアプリを利用するよりも、出会い系サイトがオススメです。この記事では無料ポイントで出会える優良サイト5選をランキング形式でご紹介します。どれも安全性の高いサイトですので、参考にしてみてください!

自己PRで他に気をつける事は?

まずダラダラ書くのはやめましょう。

”出会い系”といいながらも相手はあなたの事なんて知りたくないのです。

知りたくないの!?

プロフィールで大事な事はあなたの事を知ってもらう事ではありません。

”あなたを知りたい”と思ってもらう事です

他の男性のプロフィールってなかなか目にする機会がないと思います。

大半の男性は、淡泊すぎて何もわからない、興味をもってもらえないようなPR。

もしくは、ダラダラと「俺はいけてるはずなのに・・・」という深層心理が透けて見えるようなPRや、過剰な自分語りをしているような自己PRが多いです。

勘違いしてはいけないのは、出会い系を利用する女性と男性は”立場が違う”という事です。

男性の「モテない」と女性の「モテない」は全く違います。

女性であれば、少なからず周りにチヤホヤされたり、街で声をかけられた経験が1度はあるものです。

そんな中で出会い系を利用しています。

真面目な出会いでも、仮に遊びであっても「まともな男性」「おもしろそうな男性」と出会いたいのです。

「ネットで出会いを求めてるんだから、同じ立場だろ」と思っていると多分一生会えません。

少なくとも、出会い系でいうところの”当たり”の女性とは会えないでしょう。

”あなたを知りたい”と思ってもらう自己PRとは

あなたの事を知りたいと思ってもらうには、先ほども述べた誠実さは必須です。

ただ誠実なだけでは、まだまだスタート地点。”マイナスから0に持って行っただけ”ともいえるでしょう。

”共感””親近感”が必要になってきます。

例えば先ほども例にあげましたが、

”男性ばかりの職場で出会いがない”

というのは、職場で出会いがないという人すべてが共感できる事です。

そうでなくても「男性しかいなかったら出会いがないよなぁ」というのは自然と理解できる事です。

他にも”職場と家との往復の毎日で出会いがあまりない”というのも、社会人であれば誰もが共感できる事でしょう。

趣味で想像させ、共感を得るテクニック

趣味をアピールする時にもこの”共感”を得る事が出来ます。

出会い系の自己PRはただのキッカケにすぎません。

会ってしまえばそこからは相性の問題ですから、自己PRにあなたの全てを正直に書く必要はありません。

もちろん嘘ばかり書けというわけではありません。

まず、趣味を聞いた時に相手がどういう印象を持つかを考える必要があります。

少し詳しく説明します。

・映画鑑賞・読書

無難な趣味といえるでしょう。これを聞いて相手はどう思うでしょうか?

おそらくこれだけでは何も思いません。

しかしこれに文章を付け加えれば印象が変わります。

映画でいうなら

「特に好きな映画は〇〇や〇〇です」

もちろんマイナーすぎる映画を上げても理解されませんので、ある程度有名な映画である必要があります。

上げる映画のジャンルが”ホラー”だとどうでしょう。怖いというイメージがそのままあなたのイメージになってしまうかもしれません。

”恋愛映画”であれば”ロマンチック”なイメージを相手は想像するでしょう。

”ジブリ・ディズニー映画”などであれば”かわいい” ”やさしい””おだやか”なイメージに繋がります。

相手にいいイメージを想像させれば、共感はついてきます。

 

読書であれば本のタイトルを上げるよりは

「1週間に1冊読むようにしています」

というようなアピールのほうがいいかもしれませんね。

”勉強家” ”真面目”というイメージに繋がるでしょう。

本は読まない人は本当に読みませんから、タイトルや作家名を言ってもピンとこない可能性が高いです。

無難な趣味でも1つ文章を加える事で、イメージは大きく変わってくる事がわかっていただけたと思います。

マイナスイメージになる趣味・プラスイメージになる趣味

趣味には、マイナスイメージを持たれてしまうものがあります。

パチンコ・スロット・ギャンブル・キャバクラ・風俗・アイドル・鉄道

これらは文章を加えたとしても、イメージを覆すのは難しいです。

じゃあどうするかというと、言わなければいいだけの話しです。

全てを正直に書く必要はありませんから。

 

グレーな趣味

アニメ・イラスト・バイク・車・釣り・麻雀・将棋・食べ歩き

これらは受けとる側の趣味と一致すれば強いかもしれませんが、悪いイメージを持たれてしまう場合も多いです。

1つ文章を加える事で、多少はイメージを覆せますが、そこまでする必要もなく、自己PRに書かなければいいだけの話しです。

車やバイクはこの書き方だと”カスタム”という部分が強く出てしまいますので、”ツーリング””ドライブ”であればむしろプラスのイメージに持っていけるでしょう。

食べ歩きに関しては、”おいしいお店を知っている”というイメージを持ってもらえればいいですが”太ってるんじゃないか”というイメージにも繋がりかねないので、プロフィール写真で全身を映すなどの工夫が必要かもしれません。

 

プラスのイメージを与える趣味

スポーツ全般・写真・旅行・英会話・音楽・ダーツ・ビリヤード・アウトドア
これらはプラスのイメージを与えます。
 
スポーツでいうと、フットサルやボルダリングなど最近流行っているものであれば、なおさらいいでしょう。
 
それぞれがどのようなイメージを与えるかを考えて、補足的に1文加えれば相手はより興味を持ってくれます。
 
例えば、写真であれば
 
・「何気ない風景を写真で切り取り、楽しんでいます」
 
・「カメラを持ってブラブラ散歩するのが好きです」
 
というような感じで、どのように取り組んでいるかという画が相手に浮かぶような文章を加える事で、趣味をより際立たせる事が出来ます。
 

相手に親近感を持ってもらうには?

では”親近感”を持ってもらうために有効な事を説明します。

先ほど書いた「趣味」でも、相手が同じ趣味なら親近感を持ってもらう事は出来ます。

そういう意味では”同じ趣味の相手にアプローチする”というのも、親近感を得るテクニックといえるでしょう。

他の部分で”親近感”をアピールするには”かわいい”と思ってもらう事です。

そのためにさり気なく”弱み”や”隙を見せる”事が有効です。

「”天然”だとたまに言われる」「女性と話すと少し緊張する」

というような文章があるだけで、警戒心はかなり和らぎます。

「遊び人」「怖い人」というイメージからかなり離れる事が出来ますからね。

 

また、似ている芸能人などでも、コワモテであったり”イカツイ”イメージの芸能人でなく、どこかかわい気のある芸能人を上げるほうがいいです。

会ってから「似てないじゃん!!」と怒る人はまずいません。

雰囲気や髪型が似てるなどのレベルでいいので、なるべくイケメンでかわい気のある芸能人を書きましょう。

まとめ

まとめます。

出会い系のプロフィールで大切なのは

・誠実

・共感

・親近感

趣味は1つ文章を付け加えて”相手がいいイメージを想像しやすい状態を作る”

少しの隙と弱みを見せる事で”かわいい”=”親近感”を。

以上です。

参考にして出会い系を楽しんでください!

ハッピーメール
ハッピーメールバナー

会員数1000万人以上
無料ポイントは140P(定期的にサービスポイント配布)
掲示板のカテゴリーがしっかりわかれていて使いやすい
価格が良心的(プロフィール閲覧が無料)

わくわくメール

会員数680万人以上!
無料ポイントは最大120ポイント(連続ログインやその他無料P多数)
掲示板も使いやすい。
価格が良心的(プロフィール閲覧無料)

PCMAX
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

会員数1000万人以上
女性誌によく広告が出ているため新規の女性が多い。
無料ポイントは最大100ポイント(連続ログインやその他無料P有り)
ギャル系の女性やアダルト目的が多め。
プロフィール閲覧が有料