出会い系でサクラや業者の特徴・見分け方・対策方法[完全版]

美人な外国人女性

出会い系アプリや出会い系サイトを利用する時に一番不安に思うのがサクラはいるのか?という事だと思います。

安心安全に出会いたいけど、口コミを見ても賛否両論である事が多く、不安に感じる人も多いと思います。

サクラを含め、様々なリスクを回避する対策をとるのは、出会い系サイト・アプリなどを利用するうえで1番心がけないといけない事です。

この記事では、サクラや業者の見分け方や特徴などをまとめています。

この知識を頭に入れておけば、安全に出会い系を利用できます。

出会い系にサクラや業者は今でもいるのか?

サクラは現在でも一定数います

検索をかければそれっぽい求人が出てくると思います。

メールオペレーターとはっきり書いてあるものや、データ入力で高時給なのにワードやエクセルのスキル問わない・メールの返信が出来るレベルと書いてあるものが出てきます。

これらの求人の中には、サクラとしてメールの返信を行うバイトが少なからずあるでしょう。

しかしサクラというのは詐欺罪にあたります。業者のみならずバイトが摘発される事も過去ありました。

そんな背景もありサクラの数はかなり減りました。

現在、大手サイトなどは、サクラ0をうちだしているサイトが大半です。

当サイトではセキュリティの高い大手優良サイトを紹介しています。

出会い系サイトおすすめ優良サイト5選!無料ポイントで会えるサイトを厳選!
気軽に出会いたい・セフレが欲しい・人妻と出会いたい時には、ナンパやマッチングアプリを利用するよりも、出会い系サイトがオススメです。この記事では無料ポイントで出会える優良サイト5選をランキング形式でご紹介します。どれも安全性の高いサイトですので、参考にしてみてください!

サクラや業者の種類と特徴は?

大手サイトを使えば問題ないの?

セキュリティの高い大手サイトであっても、残念ながら業者はいます。

では、出会い系サイトやアプリにはどんなサクラや業者がいるのか。

大きくわけると2つのパターンがあります。

・運営側が雇ったサクラ

・外部の業者

運営が雇ったサクラとは

上で述べたサクラの数が減ったというのは、この運営が雇ったサクラの事です。

セキュリティの高い大手サイトではほぼ0と言ってもいいでしょう。

現在の会員数を考えれば、リスクを負ってわざわざ雇う事はない事が予想されます。

逆に言えば、立ち上げたばかりのサイトや、無名のアプリではサクラが多くいます。

運営が雇ったサクラがいなくとも、会員数が少ない分、業者に出会う割合は高くなってしまいます。

サクラを避けるには、まずサイト選びが重要なんですね。

外部の業者とは

業者にはいくつかの種類があります。

・外部サイトへの誘導を目的とした業者
・メールアドレスやLINE ID収集目的の業者
・援デリ業者

外部サイトへの誘導を目的としている業者の場合は、URLを送ってきて「”こっち”でやり取りしよう」などと言葉巧みに誘導します。

こっちにプロフィールあるから、見てみてよ♡

このような事を言ってきた場合は、まず業者です。

また、そのURL自体が、開いてみたらワンクリック詐欺であるパターンや、外部の弱小出会い系サイトをたらい回しにされるパターンもあります。

また、一旦カカオトークなど、サイト外での連絡を挟んだのちに誘導してくるケースもあります。

 

メルアドやLINE ID回収目的の業者は、迷惑メールや架空請求などに使ったり、悪質業者にそういった個人情報を売ったりを目的としています。

すぐに連絡先を聞いてくる事が多いです。

アドレス長いからそっちのアドレス教えてくれない?♡

ライン検索できないようにしてるからID教えてくれたら申請するね?♡

このような発言があれば疑う必要が出てきます。

また、例え「連絡先交換できないかな?」とこちらが聞いたとしても、次の返信であっさりと自分のラインIDなどを送ってくる場合も気をつけなければなりません。

アドレス回収業者は、とにかくやり取りを少なく連絡先を手に入れようとしますから、会話の流れを飛ばして連絡先の交換に入る傾向があります。

 

援デリ業者は一般ユーザーに営業をかける風俗業者の事をいいます。

これらの多くが営業許可のとってない、いわゆる無許可デリヘルと呼ばれるものです。

”割り切り”で募集をかけている女性の後ろに実は業者がついているパターン。

また、一般のユーザーを装って「最初だけ」とお金を要求するパターン。

知らずに利用したからといって、それだけで法律で処罰される事はありません。

しかし、トラブルの元になりますので、仮に利用目的がアダルトだとしても、注意が必用です。

CB(キャッシュバッカー)やビジネス勧誘にも注意!

サクラや業者の他にも注意すべき事があります。

これらはサクラや業者と違い、主に一般のユーザーなのですが、特に男性が利用する際には注意が必要です。

キャッシュバッカーとは

一部の大手サイトでは男性とメールなどをすればするほどキャッシュバックポイントがもらえるという制度があります。

この制度自体は通信費の負担という名目で設置されており、出会い系では女性が受け身にまわりやすいため、掲示板などの女性の書き込みを増やして盛り上げたい。という狙いから来ています。

これを利用し稼ごうとする女性が一定数います。

これをキャッシュバッカー(CB)といいます。

サイトによって現金には交換出来なかったりと、交換出来るものも、キャッシュバックの単価も違います。

ハッピーメールではメール返信しても1通あたり2円です。1000通やり取りしてやっと2000円です。

効率も悪く数は減りましたが、CBは少なからずいるものと思って利用する事をおすすめします。

ビジネス勧誘とは

数こそ少ないですが、出会い系サイトをビジネス勧誘に使おうとする人もいます。

主にはネットワークビジネスと呼ばれるものが多いです。

メッセージのやり取りをしている段階から「儲け話がある」という話しや、「夢はあるのか」「今の収入に満足しているのか」等々、自己啓発本のような語り口で話してくるようであれば注意が必要です。

サクラや業者の見分け方と対策は!?

サクラや業者への対策は、安全に利用するという意味でも必須です。

また、無駄なポイント消費でお金がかかったうえに会えないとなると、それこそ時間とお金を捨てるようなものですので、しっかり見分けるこそが必要です。

サクラ・CBの見分け方と対策

・サクラを回避する

対策としてはまずサクラ0をうたっている、大手のサイトを利用する事です。

でも、口コミを見たら”サクラばかり”って言われてるけど・・・

”サクラばかり”という人達は、業者、CB、動いてないアカウントなどの事を言っています。

・動いていないアカウント

対策としては、登録して間もない”新人”や掲示板の書き込みをしている人にアプローチする事です。

基本的に、出会い系は女性が無料ですし、登録したら男性から何十という数のメールが来ます。

そのため、登録して数日もすれば、ひとまずの相手が見つかるか、飽きて嫌になってしまう女性が多いです。

そのへんを考慮しながら、登録日やログイン時間などを参考にしながらアプローチする人を選びましょう。

・CB

CBの見分け方としては、メールの返信を増やしたい為に複数人と同時にメールしている事が大半です

そのため

・短文で返信

・いくつ質問しても質問に1つしか答えない

・あきらかに引き延ばすような答えをする

・常時ログインしている

・PCからログインしている事が多い

・連絡先交換を渋る

・会う約束しておいてドタキャン

などが見分けるポイントです。

怪しく思ったら一度返信をしないでおきましょう。

相手からせかすようなメールが来るようであれば、CBや業者などの可能性が高いです。

でも、すごいタイプの子だったのに・・・

出会い系で高額を使い込んでしまったと言う男性は、大抵1人に入れ込んでしまいます。

出会い系をうまく利用するには、1点集中ではなく分散が大事です。

どんなに写真がタイプであったとしても、怪しいと感じたのであれば、割り切る事が大事です。

分散というのは時期やタイミングにおいてもです。

ポイントを沢山買って、その日のうちに使い切るというような利用の仕方はおススメできません。

新しい人がドンドン入ってくるのですから、じっくり時期やタイミングを分散しながら利用する事をおすすめします。

業者の見分け方

まず、こちらが送っていないのに女性から届くメッセージは業者と思ったほうがいいでしょう。

女性から男性にいきなりメッセージを送る事はほとんどありません。

メッセージの内容も、誰にでも通用するような内容だと120%業者です。

プロフィールから判断できる業者の特徴としては

・写真が芸能人やモデル並み

極端にキレイでモデルのような写真であれば注意が必要です。後ろの背景などからも判断しましょう。

・プロフィールにアダルトな内容が書いてある

普通の女性は過度にアダルトな内容は記入しません。

また”欲求不満”というような内容も業者の可能性は高くなります。

・募集している相手が誰にでも当てはまる

募集している相手が20代~50代、身長が150cm以上など、誰にでも当てはまるようなものであれば業者やCBなどの疑いが出てきます。

少なくとも普通に出会いを求めている女性が、”誰でもいい”わけはありません。

外部サイトへの誘導目的の業者への対策

「違うサイトでやり取りをしたい」「ここからわたしのプロフ見れるから」などと言われたらすぐにメールを止める事です。

「このままこのサイトでやりとりしたいんだけど・・・」なんて返信するような事のないようにしましょう。

そもそも中身が女性かどうかすら怪しいですから、ポイントの無駄使いです。

もちろん送られてきたURLは、ワンクリック詐欺の可能性もありますから、興味本位でも踏まないようにしてください!!

メルアドやラインID回収業者への対策

メッセージ交換をはじめてすぐに連絡先を聞かれたら怪しいです。最低でも5通くらいはやり取りしましょう。

何だかんだ言い訳をつけて、あなたから連絡先を教えてほしいと言われたり、会話の流れを飛ばして相手が連絡先を送ってきたりした場合は少し警戒したほうがいいです。

筆者が長年利用してきた感覚では、こういった業者は数自体はそこまで多いわけではないです。

援デリ業者の見分け方と対策

これは、金銭との交換に体の関係を持つような”割り切り”を利用しないのが1番ではあります。

もし利用する場合には、あまりに過激な事書いているの女性は避けましょう。

女性にとって割り切りで会うというのは、どれだけ慣れていても多少の怖さはあります。

そんな中で過激な文言を書いているとなると、業者が書いている可能性があります。

「私の家で朝まで♡」や”3P”などと書いてるのは業者ではなく、大抵はCBで実際会うまでに至らない事がほとんどなので、メッセージ送らない事をオススメします。

割り切りなどではなく、普通に会おうとしている時に「短時間しか会えない」なんて言い出すと、これも少し疑ったほうがいいかもしれません。

ビジネス勧誘の見分け方と対策

最後に、ビジネスの勧誘をしてくるパターン。

数自体は決して多いわけではありませんが、筆者自身も10年近く出会い系を利用してきた中で、一度だけ出会った経験があります。

メールで言われた場合は即メールのやり取りを止めればいいです。

運悪く会った後に言われたパターン。筆者はこれでした。

ハッキリと「興味がない」と断る事です。

「怪しい」「稼げるわけがない」などを理由に選ぶとしつこく勧誘される可能性も出てしまうため「興味がない」「必要ない」と断る事が大切です。

勧誘目的である事を告げずに誘いだし、勧誘するのは”ブラインド勧誘”といって違法ですし、断ったのにしつこい場合は”再勧誘の禁止”というのにもあたります。

相手もそれは心得ているため、ハッキリ断ればそれ以上はありません。

筆者に場合もそうでしたが、初めから勧誘しようというわけではなく、人脈を広げるために利用しているというスタンスですので、そこまで心配する事はありませんが頭に入れておくといいでしょう。

まとめ

最後にまとめます。

・サクラ0をうたっていて、高セキュリティな大手のサイトを利用する

・こちらからアプローチしていない女性からのメッセージには、返信しない

・会話を飛ばして唐突に連絡先を聞く、あるいは連絡先を送ってくる女性には安易に教えない

・頻繁にログインしていて返信が短文、メールを長引かせていると感じたらCBを疑う

・過激なアダルトの文言を書いている女性には関わらない

・他サイトのURLを送られてもクリックしない

どんなに写真がタイプでも、1人に固執せずに、分散して利用する事。

何だか怪しいと感じたら、その女性からは撤退しましょう。

ポイントは限られています。

出会い系を上手に使って、いい出会いを手に入れてください。

[無料ポイントあり]サクラ0!優良出会い系サイト5選!