セフレ探し ネットで出会う

セックス相手を探すのに出会い系を使っている女子なんているの?出会い系にハマる女子の10パターンを紹介!

投稿日:

下着姿の外国人美女

「セックスしたいなぁ」と思った時にグーグルの検索窓を叩くと様々なサイトが出てきますよね。

「セックスしたいなら出会い系!!」「こんな簡単にエロい女と出会えた!!」「すぐヤレる!!」

どのサイトも派手な事を言っていて「ホンマかいな」と思いますよね。

 

しかしセックス相手を探すのに出会い系を使っている女子がいるのは紛れもない事実です。

というのも長年出会い系を利用してきている筆者はこれまで沢山のそういった女性と出会いました。

 

中には上で書いたような「すぐヤレる!」という時期があったり、サイトが出てきたり、そういう女性に出会った事もあります。

なので派手な宣伝文句は半分本当です。しかし何の工夫もなくサイトを利用していては出会えるのは運頼みとなってしまいます。

 

この記事では出会い系でセックス相手を探す女性にはどんなパターンがあるのかを解説していきます。

こういう女性がいるんだという事を把握しておくだけでも出会い系に限らず女性へのアプローチの方法が変わると思いますので参考にしていただければと思います。

 

出会い系でセックス相手を探す女性のパターン

セックス相手を探すのに出会い系を利用している女性は大きく2つのパターンに分けられます。

それはお金を目的としているか、お金を目的としていないかです。

順番にまずはお金を目的としているパターンの女性から紹介します。

割り切り目的

まず出会い系サイトやアプリで一番多く目にするのがこの割り切りです。

いわゆる金銭を対価に体の関係を結ぶという事です。「条件あり」「お願いあり」などは全てこれに当たります。

 

相場は地域によっても違いますが1.5~3万+ホテル代。注意が必用になってくるのは援デリ業者(違法風俗)と18歳未満です。

正しくは違法風俗とはいえ利用した側が罰せられる事はありませんが、18歳未満が混じっている可能性が高くなる事や料金面などを考えるとそれなら風俗利用した方が安全です。

 

18歳未満に関しては大手の出会い系であれば年齢確認が必須となっています。ですが念の為見た目が若すぎた場合は改めて保険証などで年齢確認をした方がいいでしょう。

ちなみにマッチングアプリは恋活メインなのでこういった女子含めセックスの相手を探している女性自体がほぼいません。

パパ活目的

これは最近非常に多くなっているものです。体の関係まで良しとしているか、ご飯でもいって小遣いもらえたらラッキーと思っているかは個人差があります。

男性側にしてもそれは同じで、一通り遊びつくしてお金もあるようなオジサマは意外にも体の関係を迫らないようです。

特徴としては美人だったり可愛い子が多いです。ある程度ルックスに自信がないとご飯だけで金銭をもらおうとは思わないものですよね。

もう1つ、相手の年齢に非常にこだわる傾向にあります。

男であれば同じお金もらうなら若い方がいいに決まってるんですが、彼女らはオジサンにこだわります。

 

性欲的な部分で落ち着いているという事なのか若い人は冷やかしが多いからなのかはわかりませんが、今まで何度か美人とご飯食べれるなら~とパパ活募集の女性に申し込みしましたが「若すぎる」と断られた経験があります。

 

ここまではいわゆる「お金」目的の女性でした。

お金目的ではなく出会い系でセックス相手を探す女性のパターン

ここからは「お金」を目的とせずセックス相手を探している女性になります。

性欲が強い

性欲というのはもちろん個人差があります。好きな人とだけエッチをしたい女性もいれば、とにかくエッチが大好きな「ヤリマン」と呼ばれるようなタイプの子もいます。

そういった女性にも自覚している子と自覚なくフラフラと流されるままに体の関係を結ぶ子もいます。

わかりやすく言うなら「肉食系」と「させ子」という感じでしょうか。

 

一番簡単に判断する方法はカラオケか個室居酒屋などで「チューしていい?」と冗談っぽく聞いてみる事です。

「いいよ」とエロいベロチューをしてくるのが肉食系、困惑するけど押したらいけてやっぱりエロいベロチューをしてくるのがさせ子です。

普通の子は「無理!」ではなく「嫌だ」と意思表示をしてきますし「チュっ!」で終わります。

 

特に女性は30代から性欲が強くなるとよく言われますし、出産を経験してからホルモンバランスが変わり急に性欲が強くなる女性もいます。なので出会い系に人妻が多いのも納得です。

体の構造上女性の快感は男性の快感と比にならないレベルだとよく言われますからね。

性癖に気づいた

これは上の項目とも関係しますが「私ってスケベなんだー」と気付いたり、例えば何かのタイミングで自分にこういう性癖があると気づいてしまった女性も出会い系を利用する人が多いです。

赤の他人で割り切れる相手の方が自分の性癖をさらけ出せますからね。知人やプライベートを知っている相手には引かれてしまう可能性がありますし。

 

ストレス発散

セックスをする事でストレスを発散する女子もいます。

ただ誰にでもやらせると思われたくはないのが女性ですよね。こういった女性は主にはセフレを出会い系で探します。

セフレがいる女性には相手が好きだけど彼女にしてもらえずセフレ状態で我慢している女性と割り切って体の関係だけという2つのパターンがあります。

出会い系でセックス相手を探す女性は後者が当てはまります。

刺激が欲しくて

上記したストレス発散とも繋がりますが、仕事ばかりの生活に嫌気がさしたり嫌な事から一時的にでも逃れたい場合に刺激を求めて出会い系を利用する女性も多いです。

このパターンはどちらかというと自分をコントロールして安定を図るために意識的に出会い系を利用する女性と、そこまで明確に目的意識がなく出会い系を利用するのを肯定しきれていない女性がいます。

 

後者はいわゆる「メンヘラ」と言われるタイプの女性です。

失恋

失恋した時にその辛さから逃れる為に出会い系を利用する女性も多いです。

大きくわけると「もう遊んでやる!」と思ってハジけるタイプの女性と「辛さから刹那的に」という感じで利用する女性の2つに分類できます。

 

後者はやはり「メンヘラ」気味だったりします。メンタルが弱ってる時は流されやすいですから男性にとっては簡単に事が進むかもしれませんが深入りすると自分も引っ張られてしまうので気をつけなければいけません。

お金に困っていない女性

お金に困っていない女性も少数ながらいます。お金に困っている女性は割り切りに走るのですがお金に困っていなかったりキチンとした職業についてる女性なんかが火遊び的に出会い系でセックス相手を探すこともあります。

もちろん自分から「私、お金に困ってないんで!」と言うような女性は怪しいですが、実際出会ってみて話し聞いてみたら家が金持ちだったり、大手に務めていたり、CAさんだったりというのは筆者も経験しました。

自信がない

これは出会い系のある意味本質のように思うのですが、自分に自信がないという女性も出会い系の中には多くいます。

そういった子はもちろん自分からセックス相手を募集するというよりは、押しに弱く流されて結果体の関係を持ってしまうパターンが多いように思います。

最近ではコミュ障という言葉がネットで飛び交うようになり人とコミュニケーションするのが苦手な人が自分から「私コミュ障なんで」と気軽に宣言できるようになりました。

出会い系はメールやラインである程度までは仲良くなれたり相手との共通の話題を持った状態で会えるので「コミュ障」を自覚している人には向いている出会い方ですからね。

ハマっている

結局上記したものも含めて一度出会い系でいい思いをしたり、安全に利用出来た体験があるとまた利用するものです。

出会い系なんて・・・と否定しながら使っている女性は意外と少ないように思います。

逆に男性側のほうが出会い系で出会う女なんてと思っているパターンが多く、プロフィールや写真やメッセージも工夫せずに適当な人が多いです。

 

まとめ

今回はセックス相手を探すのに出会い系を使う女性についてご紹介しました。

「こんな子が出会い系してるんや!?」と思うような女性と出会えるのも出会い系の醍醐味ですので是非一度無料ポイントで体験してみてください。

あのどんな子が来るかなーというドキドキは風俗の待合室と同じでかなり楽しいものですので。

PCMAX

 PCMAX

PCMAX

会員数No.1

PCMAXバナー

PCMAX

YYC

YYC

YYC

-セフレ探し, ネットで出会う
-, , , , ,

Copyright© 出会いのミカタ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.