ネットで出会いを探すおすすめの方法は?どんな出会い方がある?

ネット出会い

”ネットで出会いを探す”と聞くとあまりいいイメージを持たない方も多いと思います。

しかし現在ではSNSを始めとする、様々なコミュニケーションツールが生まれ、ネットで出会うのが当たり前の時代と言えます。

ナンパや合コンなどが苦手という方でも、ネットであれば本来普通に過ごしていたら出会えなかった異性と”気軽に出会う事が出来る”のです。

この記事では、ネットで出会いを探すにはどのような方法があるのか、ネットで出会いを探す事のメリットやデメリットなどを解説していきたいと思います。

出会いがないと嘆いているあなたも、この記事を参考にネットで出会いを探してみてください。

ネットで出会うにはどんな方法がある?

ネットで出会いを探すと言っても現在では様々な方法があります。

・SNS
・出会い系サイト・アプリ
・チャットタイプのもの
・掲示板

大きくはこの4つです。

通常、人の第一印象は見た目で決まります。

しかし、ネットで出会うという事は、会う前にある程度お互いの事をわかりあう事が出来ます。

そのため、ルックスに自信がなかったり、コミュニケーション能力に自信がない人にとってはそれはメリットです。

しかし、その分リスクもありますので、出来るだけそのリスクを排除することが必要になってきます。

SNSで出会う方法について

約10年前はmixiが出会いによく使われていました。

かなり出会えるSNSでしたが、時代は変わり、現在では様々なSNSがあります。

SNSには大きくわけて4つの種類があります。

出会いに適しているSNS

・メッセージ系のSNS

“LINE”や”カカオトーク”有料のものだと”マッチングアプリ”など、メッセージやチャットをやりとり出来るものです。

LINEでは”恋グル”と呼ばれる大きなグループがあって、その中のメンバーでオフ会をするような流れもあるようです。

ただし中高生など18歳以下も入っているため、下手に関わると法律や条例に抵触する恐れがありますので、オススメは出来ません。

マッチングアプリは今流行りの新しいタイプの出会い系です。

女性は無料ですが、男性は月額3000ほどで利用できます。

18歳未満は利用できないようになっている為、安心して利用できます。

会員数も急増していますので、恋活や婚活を目的としたクリーンな出会いを求めるならば利用する価値はあります。

Pairsが代表的で一番人気です。

Face bookを利用して認証を行いますが、Face book内の友人にバレたりする事はありません。

 

出会いに適していないSNS

・交流系のSNS

“Facebook”や”Twitter”などのように情報交換や意見交換ができるSNSです。

基本的には同じ趣味なんかの人をフォローし、長い時間をかけて仲良くなるしかありません。

そこから会うとなると、かなり厳しい道のりですし、効率の部分でもオススメ出来ません。

犯罪などに巻き込まれるのも、こういったSNSで出会ったパターンが多いです。

”出会いアカ”というのもありますが、ほとんどは業者か怪しい出会い系サイトへの誘導目的です。

アダルトな画像などを上げてフォローを増やし、そのアカウントから誘導するか、他に持っているアカウントでつぶやいたのをリツイートする形で誘導したりするパターンが多いです。

だからといって、不特定多数にメッセージを送って出会おうとしても、無視されたうえに通報されアカウント凍結されるのがオチですので止めておきましょう。

・写真系

“Instagram”や”Snow”などの写真を投稿してコミュニケーションを行うSNSです。

出会いを求めて利用している人はまずいませんので、出会いには適していません。

・動画系

“Youtube”や”ミクチャ”などの動画を投稿してコミュニケーションを行うSNSです。

こちらも可能性があるとすれば、人気のユーチューバーになってオフ会するくらいしか考えられませんので、出会いには適していません。

出会い系サイト・アプリ

ネットで出会いを探すのに一番適しているといえるのが出会い系サイトです。

真面目な恋愛を求める若者、婚活を視野にいれた方は”マッチングアプリ”

気軽な出会いを求めるなら”出会い系サイト”というように住み分けされています。

もちろん出会い系サイトで真面目な恋愛相手を探している方もたくさんいます。

これもマッチングアプリと同じく、18歳以下は登録が出来ませんので安心して利用できます。

基本無料から始められますし、定期的にもらえる無料ポイントを利用すれば無料で利用していける事も魅力です。

ただし、どのサイトを選んでもいいわけではありません。

大手以外の出会い系サイトでは、年齢確認を実施していなかったり、完全無料をうたっている怪しいサイトや、サクラの多いサイトなど悪質なサイトも多いです。

基本的には大手のサイトを使っておけば問題ありません。

[無料ポイントあり]出会い系おすすめ優良サイト5選!!

チャットタイプ

チャットタイプのアプリなども多くあります。

しかし、利用者が少ないため地域を絞るとほとんど利用者がおらず、他県の相手とチャットをする事になる事が多かったりします。

また、暇つぶし目的に利用する人が大半ですので、出会いには結びつきにくいです。

掲示板

ラインID掲示板など、現在もいくつかの掲示板があります。

セキュリティも甘く、業者の巣窟になっています。

また年齢認証などもありませんので、18歳未満が混ざっている事、イタズラや冷やかしも多い事が予想されます。

リスクも高く、出会いには適していないといえます。

ネットで出会いを探す事のメリット・デメリット

次に、ネットで出会いを探す事にどのようなメリットとデメリットがあるか見ていきましょう。

メリット

ナンパや合コン、街コンなどに比べてメリットは「手軽」だという事です。

そして「周りの目を気にしなくていい」「会うまでにある程度仲良くなれる」事です。

まったく知らない人と出会う場合、第一印象は見た目で決まります。

ところがネットで出会う場合には、ある程度お互いの事がわかった状態で会う事が出来ます。

これは、ルックスにあまり自信がない人にとっては大きなメリットです。

また”コミュ症”と言われるような、話すのが苦手な人にとっては、会話の足がかりを探る事がまず難しいと思います。

この出会い方だとある程度相手の趣味や興味のある事もわかった状態で会えるので会話の難易度も下がります。

デメリット

ネットで出会う事のデメリットは「危険を判断するのが難しい場合がある」です。

リスクを回避するには、

”きちんと年齢確認のある大手サイトを使う” “アダルトな内容を記載している相手とは関わらない”

この二つは守るべきです。

心配であれば、やはりメッセージのやり取りなどの中で判断していくしかありません。

念には念をというなら、実際に会うまでは住所などの個人情報は教えない、会う時もなるべく人の多い場所で会うなどを心掛ける事をオススメします。

まとめ

今回はネットで出会いを探す方法をご紹介しました。

まとめます

・SNSでの出会い・掲示板は18歳以下も多く、非常に危険である。

・真剣に恋活するならマッチングアプリ

・気軽な出会いなら出会い系サイト

・チャットアプリは暇つぶしにしかならず、出会いには結びつかない

以上です。

出会いがなくて困っている方は、是非参考にしてみてください。